プロポリスでのどのイガイガ痛みとおさらば

20cd476983ec22c07eb186882116e31f_m

プロポリスでのどケア

 

プロポリスとは別名「天然の抗生物質」と呼ばれる、はちみつの副産物です。

なかなかプロポリスを見かけることはないかもしれませんが、プロポリス入りののど飴なら食べたことがある人もいるのではないでしょうか。

のど飴に使われるくらいですから、プロポリスはのどのケアに優れた効果を発揮します。

【なぜのどは痛くなるの?】

風邪をひいた時や大きい声を出した時、風邪じゃないのになぜかのどだけ痛い。誰しも経験がありますよね。

ではそもそもなぜのどは痛くなるのでしょうか。それはのどが炎症を起こしているためです。のどにウィルスなどの病原菌が入りこむと身体は免疫反応を起こします。それが炎症という形になって痛くなります。

 

【プロポリスの効能】

プロポリスは自然の樹木から出ている分泌液を、ミツバチが巣に持ち帰り巣の入口に塗ります。分泌液は自然の樹木が自分の身を守るために出しているものなのでとても殺菌力に優れています。ミツバチはこれを利用して巣や女王蜂を守り、無菌状態を保つのです。

そのためプロポリスには強い殺菌力があります。

のどの痛みだけでなく、口内炎や口臭予防などにも効きますし、インフルエンザの菌にも有効だと言われているほど殺菌力に優れています。

ebe5baa64741807ec466c960ffb07064_m

【プロポリスののど飴】

一番手軽に試せるのはのど飴ですね。持ち運びもできるので、外出先で「なんかのどがイガイガするな」と思ったらすぐ対処できます。

しかしプロポリスには独特の苦味と刺激があります。メーカーによって変わりますが、のど飴でもそのプロポリス独特の味は消せないようです。

97f3df81c0dbe9975eb528a60dfb1516_m

【はちみつと一緒に】

プロポリスのおすすめの摂り方は、はちみつに混ぜることです。少量の液体プロポリスをはちみつにたらして一緒に食べましょう。はちみつの甘さでプロポリスの苦味がだいぶ緩和されて食べやすくなるはずです。はちもつもまた殺菌効果に優れているので、のどの炎症に効くでしょう。

 

【まとめ】

のどの痛みだけでなく、口内炎や口臭の原因ともなる菌を殺菌してくれるプロポリス。まずはのど飴やはちみつに混ぜる方法で取り入れてみてくださいね。

 

 

参考文献

主婦と生活社“蜂蜜力 体の中から外から元気になる!”P61-62

いしゃまち“風邪?アレルギー?喉がイガイガする原因って?”

https://www.ishamachi.com/?p=6218 アクセス日時2016.10.8)

記事作成にあたり上記の書籍等を参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

↓蜂蜜製品を少しずつですが販売しています。↓

bnr-honeydew

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA