はちみつの甘い香りでネイルケア  

388b93bb3e75c7f712a71bc1517590a9_m

「おしゃれは足下から」という言葉がありますが、女性にとっては同じくらい指先や爪も重要ですよね。マニキュアなどいわゆる“ネイル”は男性には理解しづらいかもしれませんが、意外と爪は人から見られているものです。ビジネスシーンでもパソコンを打っている時や名刺交換をした時などは指先に目がいきますよね。そんな時にしっかり手入れされている爪と、ささくれがいっぱいの爪だったらどちらが好印象でしょう。そんな指の先端まで気を遣える人の方が良い気がしますね。

しかしネイルケアはあまり馴染みがないという人も多いのではないでしょうか。今回ははちみつを使った簡単ネイルケアのご紹介です。

【ネイルケア】

本格的なネイルケアは爪をやすりで削ったり甘皮を取ったりしますが、誰でもできる基本的なケアは乾燥対策です。指先の皮膚は薄いので乾燥に弱く、念入りに保湿をする必要があります。爪は乾燥すると割れたり健康に伸びなくなったりします。

はちみつには強力な保湿効果があるので、肌の水分を閉じ込めてくれるのでネイルケアにも効果を発揮します。

 

【爪だけでなく手全体をケアする】

言わずとも、爪は手の先にあります。爪だけを集中して人に見られることはなく、手や指も一緒に見られています。手の甲、指、爪など全て含めてキレイかどうかで印象が変わります。なので爪だけでなく、手のケアも重要となってくるのです。

 

【ハンドクリーム】

簡単なケアはハンドクリームを使うことです。はちみつを使った手作りハンドクリームを使うと良いですが、市販のハンドクリームにはちみつを混ぜて使っても大丈夫です。いつも使っているハンドクリームにお好みのはちみつを混ぜましょう。分量は多すぎるとベタつくので調整してください。

<ケア方法>

ハンドクリームを手にとり、手の甲全体から指先にかけて揉みこむように塗ります。そしてしっかり指先の爪まで塗りましょう。この時に爪と皮膚の間に念入りにクリームを塗るとより保湿ができるでしょう。

 

【まとめ】

はちみつは加糖されていないはちみつを使い、パッチテストをしてからケアに使ってください。はちみつを使うと甘い香りでケアができ、気分も良いですね。これで冬でも乾燥知らず、健康な爪を手に入れることができますよ。

 

 

 

参考文献

All About Beauty“ネイルケアの基礎知識”

https://allabout.co.jp/gm/gc/44337/ アクセス日 2016.10.15)

記事作成にあたり参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

bnr-honeydew

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA