時短ダイエット朝ごはんレシピ

e803a046222c920b794a076acbb26831_m

一日の始まりともいえる朝食。一日を元気に過ごすには朝食は必ず食べる必要があると言われています。しかし家事や育児、出かける準備に追われてなかなか朝食に時間をかけられない人も多いのではないでしょうか。たまには朝寝坊してしまう時だってありますよね。そんな人におすすめの簡単で時短、しかもダイエットにもなるはちみつを使った朝食レシピをお伝えします。

【青汁+はちみつ】

青汁は飲んだことがありますか?苦いイメージが強いので挑戦しづらい青汁ですが、はちみつを入れると一気に飲みやすくなりますよ。

c0e2c9e31b2511bce8e416626f571284_m373358

<青汁の健康効果>

青汁は様々なメーカーから発売されているので、それぞれで配合されている成分が異なります。ただ、ケールや小松菜、明日葉などの野菜は確実に使われていますよね。これらには抗酸化作用やアンチエイジング効果が期待できるビタミン類や、便秘解消やダイエットにぴったりの食物繊維が多く含まれています。

 

<飲み方>

青汁のスタンダードな飲み方は水で割る飲み方ですが、はちみつを加えるなら牛乳や豆乳で割る方が飲みやすくなって良いでしょう。牛乳にはカルシウム、豆乳には大豆イソフラボンが含まれます。栄養バランスを考えてもこちらの方が良いですね。

 

%e3%82%b0%e3%83%a9%e3%83%8e%e3%83%bc%e3%83%a9

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

【グラノーラ+ヨーグルト+はちみつ】

<グラノーラとは>

グラノーラとはオーツ麦や玄米などの穀物をオーブンで焼いて粉砕したもののことです。ドライフルーツと合わせて「フルーツグラノーラ」として売られていることもあります。

 

<グラノーラの健康効果>

グラノーラの原料になるオーツ麦には食物繊維が多く含まれているので便秘解消に効果があります。また良質な脂を含むナッツ類が入っているのも魅力の一つです。他にも美肌やアンチエイジングに効果的で朝食で食べる女性は多くみられます。

 

<食べ方>

ヨーグルトとはちみつをかけて食べると良いでしょう。ヨーグルトには乳酸菌が、はちみつにはグルコン酸が含まれています。どちらも腸内環境を整える働きがあります。グラノーラと合わせることで余分な老廃物を排出し、痩せやすい体質を手に入れやすくなります。

 

【まとめ】

いかがでしたか?青汁もグラノーラも簡単に用意できて、はちみつを加えるだけでよりおいしく食べることができます。ぜひ時間がない朝には試してみてください。

 

 

参考文献

momo“グラノーラの効果がすごかった!朝食にグラノーラのすすめ”

http://momogirl.jp/beauty/post-9508/ アクセス日 2016.10.25)

記事作成にあたり参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

bnr-honeydew

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA