酵素シロップの効果と栄養

0b25d07d6f80cd24cb1f0334c0e7675f_s

代謝をUPさせ、ダイエットや美容に効果があると話題の「酵素」。生の野菜や果物に含まれるものなので、丸ごとミキサーにかけたフレッシュジュースやスムージーにも酵素の力は期待できますが、「酵素シロップ」というものを手作りするのが流行っています。酵素シロップは果物を砂糖と一緒に発酵させてできる酵素を凝縮させた原液のようなものです。とても簡単に、かつオリジナルのものが作れるとあって人気です。

869e23c9d142db89c3476ac10596b794_s

【酵素とは】

酵素とはたんぱく質の一種で、身体の中で消化や代謝を行うために必要とされる栄養素です。色々な酵素が存在し、それぞれの役割を持っています。酵素が不足すると代謝がうまくいかなくなり、便秘や肌荒れを引き起こしたり頭痛や慢性的な疲れのもとにもなったりもします。「なんとなく身体の調子が悪い」なんていうのも酵素が不足して充分に働いていないために起こる事だったりします。

 

【酵素を含む食品】

酵素は生の食品に含まれています。野菜や果物、肉、魚など生のものに含まれます。納豆や漬物などの発酵食品も酵素の力で作られているので含まれています。

 

【酵素の栄養効果】

酵素を摂ると身体の免疫力がUPしたり腸内環境を整えたりする効果が期待できます。身体全体の代謝が良くなるので、風邪をひきにくくなったり肌の調子が良くなったり、血行が良くなって肩こりが解消されたりと様々な不調に効果があります。

512769

373358

【酵素シロップとはちみつ】

<酵素シロップの基本の作り方>

基本となる酵素シロップの作り方です。こんな風に簡単に作れてしまいます。

  • 保存瓶を煮沸消毒しておきます。
  • 保存瓶に果物と砂糖を交互に入れ、素手でよく混ぜます。
  • そのまま常温で静かな所に置いておきます。
  • 毎日一回、素手で混ぜて発酵させます。
  • 一週間ほどたって泡がシュワシュワと出てきたらガーゼなどで濾せば酵素シロップの完成

 

<酵素シロップとはちみつ>

酵素シロップには白砂糖を使います。はちみつはカロリーダウンができることや栄養価が高いことから砂糖の代わりに用いると良い食品ですが、酵素シロップに関しては使わない方が良いです。はちみつで酵素シロップを作ろうとするとアルコール発酵してしまい、うまくいきません。ちなみに、はちみつをアルコール発酵させるとミードというお酒が出来上がります。

 

【まとめ】

酵素シロップをはちみつで作ることはできませんが、出来上がった酵素シロップを飲む時にはちみつを入れて飲むのは問題ありません。甘い果物を使った酵素シロップにはちみつを加えると甘すぎてしまいますが、レモンやみかんなどの柑橘系果物の酵素シロップならぜひはちみつと一緒に炭酸水や水で割って飲んでみてください。

 

 

 

 

bnr-honeydew

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA