しっとり!はちみつを使って手作りハンドクリーム

0df8b87c4f46de2906296a3d08843e1c_m

手の乾燥や荒れに悩んでいる方はいませんか?冬が近づいて寒くなってくると乾燥してくる、水仕事で手が荒れる、ささくれが治らない・・・女性で悩んでいる方は多いのではないでしょうか手は一番年齢が現れる場所とも言われ、手入れを怠ると潤い不足で乾燥し、シワができたりします。手の皮膚にあるコラーゲンは年齢とともに減少し、乾燥しやすくなっていくのです。紫外線や水仕事などのダメージを受けやすいのも原因の一つです。いつまでもキレイな手をキープするために丁寧に保湿をしておきたいですね。そんな時にははちみつを使ったハンドクリームがおすすめです。

【保湿力】

はちみつは保湿力と吸水力に優れているので、肌の水分を閉じ込めて潤いを保ってくれます。皮膚の表皮を水分でコーティングしてくれるので、外気の刺激からも守られて乾燥を防いでくれるのです。

 

【手作りハンドクリーム】

乾燥防止のためにハンドクリームを塗りますよね。ただのハンドクリームではなく、はちみつを使ったハンドクリームを使ってみてはどうでしょうか。市販ではちみつの成分配合のスキンケア用品も多く発売されていますが、自分で手作りすることもできます。簡単にできる上、添加物や怪しい成分が入っていないので安心して使うことができますよ。

 

<手作りハンドクリームの作り方>

  • 蜜蝋1gを湯煎して溶かします。
  • ①にはちみつ1gと希釈オイル10mlを入れて混ぜます。
  • 混ぜながら冷まし、専用容器に入れたら完成です。

 【まとめ】

蜜蝋とはミツバチが巣を作る時に体内から分泌されるもので、巣の無菌状態を保つ重要なものです。蜜蝋は保湿力が抜群に優れているので、化粧品だけでなくつや出しワックスやキャンドル、クレヨンなどに使用されています。

香りを付けたい方はお好みでアロマオイルで香り付けをしてくださいね。保存料は一切使っていないので1カ月ほどで使い切りましょう。

混ぜるだけで簡単にできる。ぜひ作って乾燥知らずの手を目指しましょう。

 

 

参考文献

主婦と生活社“蜂蜜力 体の中から外から元気になる!”P51-52

記事作成にあたり参考にさせていただきました。

bnr-honeydew

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA