なめらか食感!クリームはちみつ食べてみた?

f2929531c4b3985811b7a5492ec0315b_m

はちみつといえば透明な黄金色のイメージがありませんか?はちみつ好きな方なら、花の種類によってはちみつの色や透明度にも様々あり、味や香りも変わるという事は知っていますよね。そんな中でもまるでクリームのようなはちみつがあるのを知っていますか?カスタード見た目はまるでクリームや生クリームが入っているかのようなクリームはちみつ!でもクリームはちみつも余分なものは一切入っていない、本当のはちみつなのです。

【キーワードははちみつの結晶化】

はちみつは寒くなると結晶化するという性質を持っています。白く固まってしまったり、ザラザラという食感になってしまうのです。

はちみつに含まれている花粉のまわりにブドウ糖が結晶を作っていくのです。はちみつの糖分はブドウ糖と果糖ですが、この割合も重要です。ブドウ糖が果糖よりも多いと結晶化しやすく、逆だと結晶化しにくいという性質を持っています。

気温が13~14度になると結晶化し始めてしまうので、冷蔵庫で保存している場合や冬場などは結晶化することが多くあります。

 

【クリームはちみつができるまで】

この結晶化を使って作り出されたのがクリームはちみつです。普通のはちみつにすでに結晶化したはちみつを加えることで、結晶化が誘発されて結晶化が進んでいきます。気温が低くなることで自然にできあがる結晶は粒が大きいためザラザラしていますが、この時加える結晶はよくすりつぶした細かいものです。細かい結晶を加えてよく混ぜることで液体のはちみつがクリーム状になっていくのです。クリームはちみつを作るには結晶の粒の大きさや混ぜる時のタイミングや混ぜ方が重要で、素人が家庭でできるものではありません。

 

【クリームはちみつのなめらかさ】

クリームはちみつの魅力はなんといってもそのなめらかさです。液体のはちみつとは違ったなめらかな舌触りがあり、使いやすくもあります。すでに結晶化しているはちみつなので、通常の結晶化のように白く固まってしまうこともありません。

 
【まとめ】

固まらないので使いやすく、またなめらかな食感がクセになると、普通のはちみつよりもクリームはちみつの方が好きというはちみつファンの方も多いようです。ぜひ一度、そのなめらかさを体感してみてください。

 

 

参考文献

はちみつブローカー“クリームハニーの作り方”

http://www.honey-is.jp/trivia/t88.html  アクセス日2016.12.8)

記事作成にあたり参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

bnr-honeydew

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA