冬の手作りボディクリームレシピ

a9c99d2bd23b6e7ae42315ec72f5934c_m

冬って顔や体が乾燥してカサカサしますよね。冬は湿度が下がって肌の水分が蒸発しやすくなるので、夏に比べて乾燥しやすくなるのです。また加齢によって肌のコラーゲンが減少したり、女性ホルモンの影響を受けて肌質が変わったりすることもあります。乾燥はシワの原因にもなりますし、女性たるもの、常にしっとりもちもちの肌でいたいですよね。今回ははちみつを使ったボディクリームのご紹介です。簡単にできるうえ無添加なので安心して使えますよ。

【はちみつクリームの効果】

はちみつには強力な保湿力があります。高い浸透力で水分を肌にしみ込ませ、さらにその水分を閉じ込めて乾燥から防いでくれます。また殺菌・抗菌力にも優れているので、細菌や汚れを取り除いてくれます。炎症や痛みを抑える効果もあるので、肌荒れ解消にも効果が期待できます。

 

【基本の手作りはちみつボディクリーム】

<材料>

・はちみつ   3g

・蜜蝋     6g

・植物性の希釈オイル 40ml

・容器

 

蜜蝋はミツバチが巣を作る時に体内から分泌されるもので、巣の無菌状態を保つ重要なものです。蜜蝋は保湿力が抜群に優れているので、化粧品だけでなくつや出しワックスやキャンドル、クレヨンなどに使用されています。

植物性の希釈オイルとはアロママッサージに使われるもので、キャリアオイルやベースオイルとも呼ばれます。最近ブームになったココナッツオイルも希釈オイルの一つです。他にはグレープシードオイルやホホバオイルなどがあります。

 

<作り方>

蜜蝋を湯煎して溶かします。完全に溶けたらはちみつと希釈オイルを加えて混ぜます。充分に混ざったら容器に移し替えて冷まします。

 

作り方はとても簡単。たったこれだけで完成です。お好みでアロマオイルを仕上げに1~2滴たらすと好きな香りのクリームが出来上がります。

 

<アレンジレシピ>

はちみつと希釈オイルを混ぜたら精製水をひと肌に温めてから少量ずつ混ぜましょう。お好みのとろみ加減になるまで加えて混ぜると「ボディローション」ができあがります。クリームよりもローション派の人はぜひ試してみてください。

 

 

参考文献

主婦と生活社“蜂蜜力 体の中から外から元気になる!”P51-52

記事作成にあたり参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

bnr-honeydew

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA