便秘対策にはちみつが良い理由とは? 

はちみつは、ポッコリお腹や肌荒れ、病気の原因にもなる便秘解消に良いとされています。

お腹がスッキリしないとき、簡単に取り入れ試すことができるはちみつ。

はちみつが便秘解消に良い理由、便秘解消につながる理想的な取り方を知って役立ててみましょう。

はちみつ腸内フローラを整えよう!

人間のお腹の中にいる腸内細菌は腸管の中でお花畑のように生息している様子から腸内フローラと呼ばれています。

腸内には善玉菌と悪玉菌、体調等によって変化する日和見菌がおり、腸内フローラのバランスが良いときは善玉菌が優勢。

バランスが崩れると悪玉菌が優勢になり腸の動きが悪くなるため便秘しやすくなるのです。

腸内フローラのバランスを良くすることは便秘解消へつながります。

便秘解消に良い食品としてはヨーグルトなどがよく知られていますが、はちみつもその一つです。

はちみつの助けを借りて善玉菌を優勢にすれば、腸内フローラのバランスが整い便秘解消が期待できます。


便秘解消に注目したいはちみつの成分とは?

はちみつには善玉菌のエサになる成分、イソマルオリゴ糖が含まれています。

体内に入ったイソマルオリゴ糖は腸内でエサとなり善玉菌が増加。

腸内フローラのバランスが整い便秘解消につながります。

このほか、はちみつからは便秘解消に力を発揮する有機酸、グルコン酸を取り入れることが可能です。

グルコン酸も善玉菌であるビフィズス菌を増やす効果が研究により認められています。


 最強の組み合わせ!ヨーグルト+はちみつ

善玉菌を手軽に取り入れられる食品として人気の高いヨーグルト。

ヨーグルトは種類が多く好みのものを見つけやすいため気軽に取り入れることができます。

便秘解消を目指すならヨーグルトをそのまま食べるよりも、善玉菌のエサとなるはちみつと組み合わせるとより効果的。

はちみつはヨーグルトに直接かけるだけでなく、ヨーグルトドリンクの味付けにも利用できます。


取り過ぎには気をつけて!

はちみつを便秘解消の対策に利用する場合、早く調子を整えたいからと量をたくさん取っても効果は上がりません。

はちみつの主成分は水分と糖類ですので、取り過ぎればカロリーオーバーや下痢を起こす可能性があります。

ヨーグルトと組み合わせるなど程よく利用しながら効果を確認していくといいでしょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA