胃もたれ解消のはちみつレシピ 

食生活の違いから欧米人ほど日本人の胃は頑丈ではなく形状も異なります。

肉類などを多く取り過ぎると胃もたれを起こしやすいのはそのためです。

胃もたれで調子の悪いとき、はちみつを利用してスッキリさせる方法があります。

はちみつを使ったレシピを覚えて胃もたれ対策に役立ててみましょう。

はちみつ入りりんごと大根のジュースのレシピ

胃腸の調子を整える消化酵素が豊富な大根、二日酔いにも良いとされる酸味を含むリンゴはちみつを使った手軽に作れるジュースです。

作り方

①大根は辛みのすくない首の部分の皮を剥き約40g準備。よく洗って芯を取り除いたリンゴ半分と共に細かく切ります。

②①と水50cc、はちみつ大さじ1杯をミキサーにかけます。

 


ミントレモンバームはちみつティーのレシピ

 

 

ミントレモンバームはそれぞれ消化を助ける働きがあり、油っこい料理の後で胃もたれの予防として飲むお茶に適しています。

ミントはやわらかな香りと甘みを持つスペアミントがおすすめです。

作り方

①ティーポットに乾燥したスペアミントとレモンバームをティースプーンに山盛り1杯ずつ入れます。

②沸かしたてのお湯を180㏄ほどポットに入れてふたを閉め、約5分間待ちます。

③②をカップに注ぎ、適量のはちみつを入れます。


はちみつ入り梅干し茶のレシピ

薬膳で梅干しは胃もたれに効果的であるとされています。

常備している家庭が多い梅干しとはちみつでできる梅干し茶は胃もたれが気になるときさっと作ることができて便利です。

作り方

①耐熱性のカップに梅干しを入れてスプーンで果肉の部分を潰します。

②①に温かい番茶を注ぎ入れ、はちみつを好みの分量加えて混ぜれば出来上がりです。


 

胃もたれしているときは、誰しもあまり調子がでないものです。はちみつを利用した早めの対策で気分もスッキリさせましょう。

胃もたれが起こる原因はストレスや暴飲暴食など人によってさまざまです。

消化の良い食べ物をゆっくりと食べるようにし、ストレスの解消も積極的に行いましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA