はちみつで二日酔い対策ができるって本当?

社会に出ると誰もが1度は経験することになる二日酔いとは、お酒を飲み過ぎたことによって、頭痛吐き気下痢体のほてり咽の渇きなどの不快な症状が同時に現れる体の不調です。

二日酔いを経験したことのある方は2度と二日酔いにならないようにとお酒の量を加減して飲むようになるのですが、いくら気を付けていても二日酔いになってしまうという方も多々います。

二日酔いの主な原因は「飲み過ぎ」によるものなのですが、なぜお酒の量を加減したにも関わらず二日酔いになってしまうのでしょうか。


二日酔いのメカニズム

私たちの体は、体内にアルコールが入り込むと主に胃や腸からアルコールを吸収して血管内へと送られます。

すると血中アルコール濃度が高まり、徐々に酔いが強まってゆきます。

 

血管内に取り込まれたアルコールは血液と共に肝臓へと運ばれ、酵素の働きによって有害物質「アセトアルデヒド」が誕生します。

この有害物質を無毒化するため「ALDH」という酵素の働きによって無害物質「酢酸」へと変換されるのですが、アセトアルデヒドを無毒化することができる酵素の分解能力は人によって異なるため、分解されなかったアセトアルデヒドは再び血液と共に血管内を移動し始めます。

すると血中のアセトアルデヒド濃度が上昇し、二日酔いを引き起こしてしまうのです。

 


二日酔いを防ぐためには「はちみつ」がおすすめ?

二日酔いを防ぐためにはお酒を飲み過ぎないことが大切なのですが、

空腹でお酒を飲まない

・食事をしながらお酒を飲む

・アルコール度数の高いお酒は薄めて飲む

などの工夫を行うことで二日酔いになりにくくなると言われています。

しかし、それでも二日酔いになってしまうという方は、はちみつを摂取されることをおすすめします。

 

全米頭痛財団「NHF」は、「二日酔いの頭痛を解消する際に最も有効的な方法は“はちみつ”を摂取することである」という研究報告を発表しました。

 

この研究の責任者であるMerle Diamond氏は「はちみつには果物の大半に含まれていない果糖の1種が含まれており、この果糖の働きによってアルコールの分解が促され頭痛を軽減させることができる」ことを科学的に検証したのです。

 

また、はちみつの主成分である果糖ブドウ糖には肝臓の働きを助ける効果やアルコールの処理が激しくなり低血糖に陥るのを防ぐ働きがありますので、アセトアルデヒドの分解を促し、二日酔いによって体が低血糖になってしまうのを防ぐことが科学的に実証されています。


今回は、はちみつで二日酔いを対策ができるのかどうかをご紹介させて頂きましたがいかがでしたでしょうか。

昔から日本人は有害物質「アセトアルデヒド」を無害な物質へと変換させる酵素の活性が弱いもしくは欠けているため、お酒に弱い体質の方が多いと言います。

二日酔いにならないためには自分自身の体質をよく理解し、自分に合ったお酒の飲み方をするように心掛けましょう。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA