はちみつに含まれるアミノ酸の種類と気になる効果

はちみつには、バリンやロイシン、メチオニンといった様々な種類のアミノ酸が含まれていますが、アミノ酸とはいったいどのような効果があり、どんな種類があるのかと気になったことはありませんか。

 

アミノ酸は大きく分けて「必須アミノ酸」と「非必須アミノ酸」の2種類に分けられ、体内で合成することができないものを必須アミノ酸、体内で合成できるものを非必須アミノ酸と言います。

近年の研究によって、はちみつにはそれぞれ8種類必須アミノ酸非必須アミノ酸が含まれていることが確認されており、なんと健康な体を維持するために必要な20種類のアミノ酸のうち、16種類ものアミノ酸を摂取することができる、まさに夢のような食品なのです。

 

では、はちみつに含まれているアミノ酸の種類とアミノ酸を摂取することで得られる効果についてご紹介しましょう。


はちみつに含まれるアミノ酸の種類

アミノ酸は、血管や内臓、皮膚、筋肉などの素となるたんぱく質を構成している栄養素であるため、もしもアミノ酸が不足してしまうと、筋力低下や体力現象、うつ病、免疫力の低下など、様々な体調不良や病気を引き起こす原因となります。

 

はちみつには、必須アミノ酸と非必須アミノ酸それぞれ8種類ずつ含まれており、食生活の多様化によって不足しがちなアミノ酸を補うことができる食品として、いま注目を集めています。

はちみつに含まれているアミノ酸の種類】

必須アミノ酸 非必須アミノ酸
バリン リジン アラニン アルギニン
ロイシン スレオニン アスパラギン酸 プロリン
イソロイシン メチオニン グルタミン酸 チロシン
ヒスチジン フェニルアラニン グリシン セリン

 

ただ、はちみつの主成分はブドウ糖果糖で占めているため、取り過ぎてしまうと糖分過多となり、逆に健康や美容に悪影響を与えてしまう恐れがありますので、食べ過ぎには注意が必要です。


アミノ酸の効果とは?

たんぱく質の構成に必要不可欠なアミノ酸には、

・体の機能を正常な状態に保つ働き

・運動能力の向上

・ダイエット効果

・美肌効果

・免疫力アップ

・肝臓の働きを高める作用

・集中力アップ

・精子や卵子、遺伝子の源

など、様々な効果を期待することができる栄養素となっています。

 

特に9種類の必須アミノ酸は体内で合成することができないため、必ず食品から摂取しなければならず、アミノ酸の中で最も不足しやすい栄養素となっています。

はちみつには9種類の必須アミノ酸のうち8種類が含まれておりますが、さすがにはちみつだけでは補うことができませんので、バランスの良い食事を心掛けましょう。


はちみつには健康な体を維持するために必要なアミノ酸が豊富に含まれているとよく言いますが、はちみつに含まれているアミノ酸では、さすがに不足したアミノ酸を全て補うことは出来ません。

また、多くの方々が体内で合成することができない必須アミノ酸の方へと目を向けがちですが、非必須アミノ酸は年齢と共に体内で合成できる量が減少してゆくため、出来ることならば必須アミノ酸と非必須アミノ酸をバランスよく食事で摂取することをオススメします。

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA