蜂蜜の効果はスゴイ!蜂蜜の成分や効果・選び方についてお話します!

蜂蜜というのは甘くて、とても美味しいものです。しかし、蜂蜜を食べる機会って少ないのが正直なところではないでしょうか?

 

しかし、実は蜂蜜には他の食べ物よりも身体にとてもいい栄養が含まれており蜂蜜を食べると身体に嬉しい効果もあるんです。

 

今回は蜂蜜の成分や効果について紹介します。

 

 

【蜂蜜の栄養と成分は?】

蜂蜜の効果を知る前に蜂蜜にはどのような栄養や成分が含まれているのかについて紹介します。

 

蜂蜜の成分3つ

・蜂蜜は約40%がブドウ糖

・約50%は果糖

・残りの約10%は栄養分

などが含まれています。

 

代表的な栄養素としてこの7つ

・カルシウム

・葉酸

・アミノ酸

・酵素

・マグネシウム

・ポリフェノール

・鉄など

 

蜂蜜って甘いから「カロリーも高い」と思っていませんか?それは違うんです。実は上白糖よりも低カロリーなんです。100gあたり砂糖が384kcalなのに対して蜂蜜は100gあたり294kcalです。約100kcalほど蜂蜜のほうが低いということがわかります。

 

また、葉酸や鉄などは女性にとっても嬉しい成分ですね。蜂蜜を食べるだけでこれだけの栄養素を摂取できるので食べても損はない食べ物です。

 

 

【蜂蜜の10コの効果】

蜂蜜にはたくさんの栄養素や成分が、含まれているということが分かります。では、それらの栄養素や成分はどのような効果をもたらしてくれるのでしょうか?蜂蜜の10コの効果について紹介します。

 

1.疲労回復効果

蜂蜜はエネルギーになりやすい成分です。蜂蜜はすでに約40%がブドウ糖なのでそれ以上分解する必要はありません。そのため、そのまま瞬間的に吸収されるのです。また、エネルギーとして繁栄されやすいので疲労回復効果があります。

 

2.化というのは酸化作用によって進行します。

それを抑えるには抗酸化作用が必要です。蜂蜜には抗酸化作用が含まれています。なので、老化防止効果も期待できます。

 

3.脳の活性化

ブドウ糖やビタミン、ミネラル、亜鉛などが蜂蜜には含まれています。その効果によって脳を活性化してくれるのです。長時間勉強して疲れたとき、仕事で疲れたときなどは脳にエネルギーを補給してくれるのです。

 

4.胃腸の調子を整える効果

抗酸化作用があるというのは先ほど紹介しました。その抗酸化作用は胃炎などに効果を発揮してくれます。また、整腸効果もあるので便秘や下痢などにも効果があるのです。

 

5.喉の調子を整えてくれる効果

蜂蜜には殺菌作用があります。よく、風邪のときに飲むといいという話は聞きますよね。それは蜂蜜の殺菌効果によって喉の調子を整えてくれるのです。

 

6.貧血改善効果

鉄分が含まれているので蜂蜜を食べても貧血を改善することが出来ます。

 

7.乳幼児の発育効果

蜂蜜には骨や能などの発育の助けになります.亜鉛やミネラルなどが含まれているので乳幼児の発育には効果的です。

 

8.眼の効果

眼のビタミンであるルティンが含まれています。眼の疲労回復効果があります。

 

9.美容効果

血行促進や新陳代謝を促す効果があるので美肌にもとても効果的です。

 

10.不眠症効果

不眠症はストレスが原因で発生する場合が多いです。蜂蜜にはを緩和して心の興奮を沈めてくれる

セロトニンという物質が含まれておりその物質が不眠症に効果的です。

 

このように蜂蜜にはたくさんの効果があります。

 

蜂蜜を食べるだけで多くの効果があるので摂取したい食材ですよね。

 

【蜂蜜の選び方の2つのポイント】

蜂蜜にはたくさんの種類があり、選び方にもポイントがあります。

蜂蜜を選ぶときの2つのポイントについて紹介していきます。

 

・純正蜂蜜を選ぶ

加糖されて発売されている蜂蜜もあります。スーパーで売られているものは加糖されているものがほとんどです。安いからといって購入するのは避けましょう。本物の蜂蜜だけのものは「全国蜂蜜公正取引委員」に加入していればそのマークがついているので、そのマークを確認して購入をオススメします。

 

・効果が高い生蜂蜜

蜂蜜の種類によっては加熱処理されているものがあります。加熱されていると本来の効果は発揮されることはありません。なので、生の蜂蜜がオススメです。

 

この2つのポイントを抑えることによって効果のある蜂蜜を購入することができますよ。

ぜひ、参考にしてみてください。

 

【蜂蜜はこうやって摂取する!摂取方法】

蜂蜜の摂取の仕方を間違うと、せっかく栄養素豊富なのに効果がほとんどなくなり、効果を発揮いしてくれません。なので、効果的な蜂蜜の摂り方について紹介していきます。

 

先ほど、上記で少し紹介したように加熱してしまうと効果がなくなってしまいます。

なので、非加熱の生のはちみつをそのまま食べるということをオススメします。

量は毎日ティースプーン3杯までです。空腹のときに摂取するようにしましょう。

摂りすぎてもダメなので容量や摂取方法を守るようにしましょう。

 

 

【※注意※1歳未満時には与えない!】

蜂蜜を摂取する上で注意点がありますそれは「1歳未満の乳児」には与えてはいけないということです。

 

これは市販のお菓子など蜂蜜が含まれているものには注意書きされているほどです。

蜂蜜には自然の中の花の蜜をミツバチが運んできます。その蜜の中にはポツリヌス菌というのが含まれている場合があります。ポツリヌス菌というのは腸内で毒素を発生させます。

その毒素によって便秘になったり哺乳力の低下などに繋がる場合があります。ポツリヌス菌は普通の加熱料理ではなくすことが出来ません。

 

乳児に与えてしまった場合でポツリヌス菌によって症状が出てきた時は早急に治療が必要です。蜂蜜は離乳食などには使用しないようにするというのが一番の方法でしょう。

1歳を過ぎれば腸内の環境が整ってきます。なので、食べることが可能になります。注意するようにしましょう。

 

最後に【まとめ】

蜂蜜の効果について紹介しました。蜂蜜にはビタミンやアミノ酸、鉄、葉酸などの様々な栄養素や成分が含まれています。その様々な栄養素や成分は様々な効果を発揮してくれます。

 

その効果というのは疲労回復効果、喉の調子を整える効果、胃腸を整える効果女性に嬉しい美容効果などがあります。蜂蜜の効果を最大限に発揮させるには蜂蜜の選び方が重要です。なるべく、生蜂蜜で純正の蜂蜜を選ぶようにしましょう。

 

そして、加熱せずにそのままティースプーンで3杯を目途に摂取するようにしましょう。また、蜂蜜を摂取するのは1歳未満はやめましょう。1歳未満が摂取してしまうと便秘になったり哺乳力が弱くなってしまいます。

 

1歳以上であれば摂取しても問題ないので1歳以上になってから与えるようにしましょう。蜂蜜は栄養が高く、とてもオススメです。しかし、純正の蜂蜜、生蜂蜜がいいのでできれば専門店から蜂蜜を購入するのがいいでしょう。専門店であれば効果がある蜂蜜を提供してくれます。

 

 

蜂蜜専門店をお探しの方は、Honey Dewを御覧ください。

化粧品から生蜂蜜まで販売しています。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA