はちみつは1歳を過ぎてから!はちみつ入りのお菓子も気を付けて!

はちみつは、皆さんがごく自然に食べている食品ですよね。甘くて、栄養価も高いはちみつはよくヨーグルトにかけたり、ホットケーキにかけたりして食べますよね。そんなはちみつですが、実は赤ちゃん食べてはいけないって知っていますか?
離乳食でヨーグルトにかけたり、ホットケーキにかけたりなんてしていませんか?もし赤ちゃんに食べさせている場合は、今すぐやめましょう。乳児ボツリヌス症になる可能性が高くなります。

今回は、赤ちゃんがはちみつを食べると乳児ボツリヌス症になりやすいかについて紹介します。

【1歳未満の赤ちゃんははちみつ禁止!乳児ボツリヌス症が原因だった!】

はちみつがどうして1歳未満の赤ちゃんに禁止なのか?というのがよくわからないという人もいますよね。そんな人のために1歳未満の赤ちゃんに、はちみつがダメな理由について紹介します。

1歳未満児の体というのはまだまだ未発達です。腸内の様子も大人とは全く違います。消化吸収の機能も未熟で、菌などを処理することが出来ないのです。はちみつにはボツリヌス菌という菌が含まれています。この菌は大人であれば、腸内に入っても消化して無くすことができるのですが、1歳未満の赤ちゃんは腸内が未発達なので消化させることができません。

そのボツリヌス菌が入ってしまえば、菌がどんどんと成長し増殖して毒素を出します。このようになると、乳児ボツリヌス症という病気になったということになります。小さな体の赤ちゃんが病気をしてしまうと、身体に大きな負担がかかってしまいます。なので、1歳未満の赤ちゃんには、はちみつを与えてはいけないのです。

1歳未満の赤ちゃんにはちみつを与えてはいけないというのは、厚生労働省も強く言っていることです。
参考に厚生労働省の注意喚起を載せておりますので、一度ご覧ください。

http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000161461.html

【はちみつを知らずのうちにあげてしまう危険性!】

最近ははちみつ入りのパンやお菓子などが増えてきました。そのため、はちみつ自体を赤ちゃんに与えないようにしていても、はちみつが含まれた別のものを与えてしまったなんてこともあるようです。そのようにならないためにも、はちみつが含まれているものについて紹介します。

・はちみつ入りの食パン
はちみつでパンを作ると少し甘くて、柔らかいパンになるのではちみつをつかったパンが増えてきました。もちろん、全ての食パンに入っているわけではありません。ボツリヌス菌は120℃で4分間or100℃で6時間以上の加熱をすれば、死滅するのですが、食パンを作る工程でどうなっているのか?というのはわかりません。なので、そのくらいの温度で加熱しているのか?というのは確かではないので、はちみつ入りのパンは与えないようにしましょう。

・はちみつでつけた梅干し
はちみつでつけた梅干しもあります。はちみつでつけているのでマイルドな梅干しになっています。この場合は加熱されているわけではありませんので、乳児ボツリヌス症になる原因になってしまうこともあります。

・はちみつ入りのお菓子
はちみつが入っているお菓子というのもあります。乳児用のお菓子の中に入っているというのはありませんが、大人も食べるようなお菓子には入っていることもあるので、注意が必要になってきます。

このようにはちみつが含まれている食べ物は、たくさんあります。なので、はちみつが入っているか?というのは原料を確認すればわかります。1歳未満の赤ちゃんに、与える時はしっかりと確認してからにしましょう。

【はちみつを食べてしまった!対処法は?症状は?】

いくら原料などを確認していても、見落としというのは出てきてしまいます。はちみつを食べてしまい、乳児ボツリヌス症になってしまった!というときの症状や対処法を確認しておくことで、早めの対処をすることが出来ます。では、乳児ボツリヌス症の症状や対処法について紹介します。

<乳児ボツリヌス症の症状>
あくまで、はちみつを食べてからと言っても、100%乳児ボツリヌス症になるというわけではありません。
しかし、はちみつを食べることで、乳児ボツリヌス症になる可能性が高くなります。乳児ボツリヌス症になった場合は、最初に頑固な便秘などの症状が発生します。この便秘は3日~5日ほど続くので、便秘が続いている場合は、乳児ボツリヌス症を疑うほうがいいでしょう。

そして、悪化すると手足を動かさなくなったり、首を持ち上げなくなったり、顔面の表情がなくなってしまったり、身体に力が入らないなんてことにもなってしまいます。もっと悪化すると無呼吸状態になるので、早めの対処が必要です。ボツリヌス菌が体内にいる期間は、3日~30日と長期になります。きちんと便秘はないか?などの毎日のチェックが必要にです。

<乳児ボツリヌス症の対処法>
乳児ボツリヌス症になってしまった時は、早めに対処すると悪化することはありません。対処法としては病院に行くというのが一番です。薬などで対処してもらったり、その他の治療によって、悪化することなくよくなります。

乳児ボツリヌス症になってしまった時の、症状や対処法についてしっかりと覚えておくようにしましょう。
もしものときに役立つことになります。

【満1歳までは我慢!】

赤ちゃんは1歳を過ぎると腸内が整ってきます。はちみつは健康にはいいので、「あげたい!」という気持ちはわかりますが、1歳未満はどうしても消化しきれないので、乳児ボツリヌス症になりやすくなってしまいます。

しかし、1歳の誕生日を迎えたので、すぐに与えてみよう!ではなく、様子を見ながら1歳半などから与えるようにしましょう。乳児ボツリヌス症の心配もなくなるので安心ですね。

【はちみつ以外に、生ものにも要注意!】

はちみつ以外にも1歳未満の赤ちゃんに、与えてはならないというものもあります。それは生ものです。基本的に加熱したものを与えるようにしましょう。赤ちゃんはどうしても、菌などに抵抗力がないので、生ものを与えてしまうと、はちみつのような乳児ボツリヌス症になるというのと同じく、違った症状を発症してしまうこともあります。

なので赤ちゃんに与える時は、火を通したものを与えるようにしましょう。魚や卵なども同様です。生卵ご飯や魚の刺身などは、とても美味しいのですが大人と同じように、赤ちゃんに与えるのは避けましょう。

<まとめ>

最後に【はちみつは与えないこと!表記の確認やはちみつが使われていない物の購入を。】
1歳未満の赤ちゃんには、はちみつをあげてはいけない事を紹介しました。はちみつは健康によく、栄養価が高いので毎日食べているという人もいますよね。大人になれば、毎日食べても問題ないのですが、1歳未満の赤ちゃんは食べてはいけないことを覚えておきましょう。

1歳未満の赤ちゃんに食べさせてしまうと、乳児ボツリヌス症になってしまいます。普通に調理してもボツリヌス菌というのは、死滅しません。なので、はちみつが含まれているお菓子やパンなどを、1歳未満の赤ちゃんには与えないようにしましょう。

乳児ボツリヌス症になり、便秘などの症状が出たときは、早めに病院に受診しましょう。はちみつが入っていないお菓子やパンなどを購入し、離乳食にもはちみつを入れないようにして気を配りましょう。

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA