ダイエット中、豆乳が苦手な方、お子様のおやつにおすすめ!“はちみつ豆乳プリン”

美容や健康など体に嬉しい様々な効果が期待できる豆乳。
健康維持の為に毎日欠かさず飲んでいる方も多いのではないでしょうか?
豆乳にはイソフラボン、レシチン、サポニンなどの栄養成分が多く含まれています。悪玉コレステロールを減らしたり、動脈硬化を予防する効果等があると言われています。また、大豆のたんぱく質は満腹感が得やすいのでダイエット効果も期待できます。

今回は、そんな健康飲料の豆乳とはちみつを使った手軽に作れる「はちみつ豆乳プリン」のレシピをご紹介します。
はちみつは少し入れるだけでコクを出したり、風味づけにもなったりと料理を上手に引き立ててくれます。
はちみつ風味が豆っぽさを緩和してくれるので豆乳が苦手の方、またお子様にも食べやすいレシピになっています。

このプリンは砂糖の代わりにはちみつを使用しています。
はちみつは砂糖の甘さの約1.3倍と言われているのでその分使用量が減らせ、カロリーカットも期待できますね!

「はちみつ豆乳プリン」

材料(直径6.5cmカップ6個分)

・卵  2個
・無調整豆乳 300ml
・はちみつ 大さじ2強(甘さは控え目です。)

■作り方
1.ボウルに卵を割り入れて、菜箸で白身のコシを切るようにしっかりと混ぜておきます。

2.お鍋に無調整豆乳とはちみつを入れ中火にかけます。温めることではちみつが溶けて豆乳と均一に混ざります。温度は50℃程度で大丈夫です。

3.2.の粗熱がとれたら1.の溶きほぐした卵とよく混ぜ合わせます。

4.3.をこします。こすことで食べた時の舌触りがとても滑らかになります。
卵のカラザなどがこしきを使えば取り除けます(画像下)。

5.お好みのカップに4.を入れアルミホイルをかぶせてオーブンで湯煎焼きします。

*オーブンの温度は150℃で20〜30分程度。お湯の温度は50〜60℃程度。
使用するカップによって焼き時間はかわる可能性があるので卵液の固まり具合を見ながら調整して下さい。
焼き上がったら直ぐに湯煎から外して下さい。余熱で卵液がさらに固まり、仕上がりのかたさに影響します。

*ちょっとここで試してみました。
→カップにアルミホイルをした場合とそうでない場合、どんな違いがでるのでしょうか?
比較する為に半分はアルミホイルをかぶせずに焼いてみました。

左はアルミホイル無し。右はアルミホイル有りです。
ホイルをかぶせないと表面に焼き色がつきます。さらに表面が焼けて膜が張った感じになり、スプーンはすっと入りませんでした。
個人的な感想ですが、見た目はホイル無しの方が美味しそうですが、食べやすさは表面も柔らかいホイル有りの方でした。
ただ、食感の違いを楽しみたい方ははホイル無しがおすすめです。

▲冷蔵庫で冷やしたらお好みではちみつをかけて召し上がって下さい。
黒蜜ときなこをかけても相性が良いのでとても美味しいです。

まとめ
おやつを手作りしたいけれど作るのが大変そう…と思う方もいらっしゃるかと思います。このはちみつ豆乳プリンは材料もシンプルで何よりとっても簡単。オーブンでまとめて作ることもできます。
砂糖を一切使用しないはちみつだけの優しい甘さにほっこりするこの「豆乳はちみつプリン」でくつろぎのデザートタイムを…。
是非お試し下さい!

 

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*

CAPTCHA