はちみつ成分

はちみつって製品になるまでに、どのような検査をしていますか?

はちみつって製品になるまでに、どのような検査をしていますか?

 

はちみつは花や植物からミツバチの力を借りて作りだされるものですよね。自然のものだからこそ、はちみつが製品として売り出されるまでには厳しい検査を行っています。どのような検査や検査基準があるのかを見ていきましょう。

 

はちみつの品質基準には世界基準の国際規格と、日本独自のものが存在します。また全国はちみつ公正取引協議会という団体が設けている基準もあります。

例えば・・・

・水分 は20%以下

・果糖及びぶどう糖含有量(両者の合計)は60g/100g以上

・ショ糖 5g/100g以下

・電気伝導度 0.8mS/cm以下

・HMF 5.9mg/100g以下

などです。

HMFとはヒドロキシメチルフルフラールの略で、糖分に熱を加えると生成される物質です。この値で加熱具合が量れるのです。はちみつのHMF含有量は40mg/kg以下が品質基準の許容範囲内とされています。

公正取引協議会に加入し、これらの基準をクリアすると公正マークと呼ばれる赤いシールを貼って販売することができます。スーパーなどで売られているはちみつを見てみると赤いシールが貼られている商品が目に入ると思います。

 

弊社では協議会の基準をほぼクリアしたうえで、さらに次のような検査項目を設けています。

【トレース情報確認】

トレース情報とは産地やミツバチの群数、蜜源植物、採蜜時期などのことです。またミツバチに与えたエサの種類や抗生物質の投与の有無もチェック項目に入っています。

 

【官能チェック】

トレース情報を確認したあとは官能チェックです。官能チェックとは人間の感覚(視覚・聴覚・触覚・味覚・嗅覚など)を用いて品質を判定する検査のことです。

 

【抗生物質の分析】

最後に抗生物質の分析をして、抗生物質が含まれていないかを確認します。

 

このような厳しい検査を行って商品として販売していますが、これらの検査内容や品質基準はメーカーによって異なります。何重にも検査を繰り返して品質管理にこだわっているメーカーもあるのですよ。お客様に安全にはちみつを召し上がっていただくために私たちは厳しい検査を設けているのです

はちみつ(蜂蜜)の保存方法を教えて

【はちみつの保存方法は常温】

はちみつだけに関わらずマヨネーズやしょうゆ、油などの調味料類ってどのように保存すればよいか迷いますよね。「冷蔵庫に入れた方がいいの?それとも冷暗所?常温でも平気かな?」そんな疑問を持ったことがある人も少なくないかと思います。はちみつもどうしたらよいのか迷いますよね。

はちみつの場合は常温保存が正解なのです!はちみつは基本的には腐らない食品とされているので常温で保存ができるのです。直接日光が当たらないところなら常温で保存が可能。瓶などの容器のふたをしっかりと閉めて保存しておきましょう。

続きを読む

温野菜サラダに!はちみつドレッシング

みなさん、野菜をしっかり食べていますか?

厚生労働省は「野菜を一日に350g食べましょう」と推奨しています。しかし調査によると、ほとんどの人が350gに満たない食生活を送っているのです。実際に350gの野菜がどれほどの量なのか量ったことはないかもしれませんが、私たちが思っている以上に350gは多いということですね。意識しないとほとんど野菜を食べないという人もいるかもしれません。野菜は生のサラダやジュース、炒め物、煮ものなどで摂取できますが、今回は『温野菜サラダ』に注目してみましょう。はちみつを使ったドレッシングとともにご紹介します。

続きを読む

冬のはちみつコンフィチュール

コンフィチュールとは果物や野菜を砂糖で煮込んで作るジャムのこと。通常販売されているコンフィチュールだと砂糖を使っていることが多いのですが、実は砂糖よりもはちみつの方がコンフィチュールには適しているのです。今回は冬におすすめのはちみつコンフィチュールのご紹介です。

続きを読む

飲み会シーズンにはちみつを☆

忘年会に新年会、クリスマスやお正月など、この時期は飲み会続きで大変・・・という方も少なくないのではないでしょうか。連日の食べ過ぎやお酒の飲みすぎで体の調子が良くないという人もいますよね。そんな時こそはちみつのパワーを借りましょう。二日酔い防止といえばしじみ汁やウコンを思い浮かべるかと思いますが、はちみつも二日酔いを和らげる効果もある飲み会シーズンの強い味方ですよ!

続きを読む

りんごとはちみつ レシピと効能

突然ですが、りんごとはちみつと言えば何を思い浮かべますか?

『りんご』と『はちみつ』。この組み合わせといえばバーモントカレーですよね!なぜバーモントはりんごとはちみつなのでしょうか。そもそもバーモントとは?今回は相性の良いりんごとはちみつについてご紹介します。

続きを読む

生はちみつとビーポーレン スーパーフード

smoothie-1427436_1920

近年、『スーパーフード』という言葉が多く使われるようになりました。栄養価がとても高く健康や美容、ダイエットに効果絶大な食品に使われる言葉です。日本で流行したものだと、アサイーやココナッツオイル、チアシードなどがあります。ニュージーランドでしか採れないマヌカハニーもスーパーフードと呼ばれます。そんな中、生はちみつとビーポーレンもスーパーフードとして人気が出つつあるのです。

続きを読む

マヌカハニーの効果・効能

honey-823614_1920

マヌカハニーは健康食品として一時期流行して、はちみつに詳しくない人にも名前を知られるようになりましたね。やはりマヌカハニーの効果や効能が注目されているようです。改めてその効能を確認してみましょう。

続きを読む

ミツバチが集めた花粉(ビーポーレン)の食べ方

bee-814574_1920

ローヤルゼリーやプロポリスなどのようにはちみつの副産物として知られているビーポーレン。ビーポーレンはミツバチが集めた花粉の塊です。タンパク質源としてミツバチたちが食糧としたり、ローヤルゼリーの原料にも用いられたりします。とても栄養価が高く、最近ではスーパーフードとしても注目されるようになりました。

続きを読む

ビーポーレンの効果・効能 花粉

anemone-1522858_1920

ビーポーレンというものを知っていますか?ビーポーレンとは『ビーが蜂』『ポーレンが花粉』で、蜂が集める花粉のことです。はちみつはミツバチが集めてきた花や植物の蜜をもとにできあがりますが、ミツバチたちが集めてくるのは蜜だけではありません。花粉も一緒に巣に持ち帰ってくるのです。はちみつ同様、このビーポーレンにも様々な栄養分が含まれ、効果や効能があることが知られています

続きを読む