効果

かりんのはちみつ漬け 作り方とその効能♪

 %e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%93

【かりんについて】

かりんはのど飴や果実酒などでよく耳にする果物ですが、生のかりんをスーパーなどで見かける事は少ないのではないでしょうか。生の果実は日本人には馴染みがないため、実際に売っているスーパーは少ないようです。

生のかりんは黄色い果実です。香りは良い香りなのですが、とても硬く渋みと酸味が強いため、生食はできません。下痢などの体調不良を引き起こすこともありますので生食はやめましょう。加熱やはちみつに漬けるなどをすることにより毒性がなくなり、柔らかくなることでジャムなどにも利用できます。

 

【かりんの効能】

かりんには『アミグダバリン』という成分が入っていて、これが咳止めや風邪予防に効果があります。また、サポニンという抗酸化物質が含まれているので、活性酸素を抑えてがんや生活習慣病の予防にも役立つと言われています。

 

83be2ed6e7baeb67479cf4a962112221_m

【はちみつとの相性】

はちみつは強力な殺菌効果などから、風邪予防や咳止め、のどの痛みなどに効果があります。そのため、かりんと組み合わせるとのどの痛みや咳止めに効果絶大です。市販のかりんのど飴にははちみつが配合されたものも多くありますが、それは味だけでなく栄養素の面で相性が良いからでしょう。

 

%e3%81%8b%e3%82%8a%e3%82%93%e3%81%ae%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4%e6%bc%ac%e3%81%91

【かりんのはちみつ漬け】

<作り方>

かりんは充分に熟したものを使います。表面が油で照ってきたら熟した頃です。

  • かりんを4等分して種を取り除き、さらに適当に切ります。
  • 種はお茶のパックなどに入れて、一緒に漬け込みます。
  • 保存瓶にかりんの果実と種を入れて、はちみつをかりんがかぶるくらいに入れます。
  • 時々ひっくり返しながら1~2カ月したら、果実と種は取り除きます。
  • 液を湯煎し、濾して新しい保存瓶に入れて完成☆

 

*注意点

湯煎をするのは発酵を防ぐためです。⑤の工程を忘れずに行ってください。

長期保存が可能ですが、完成後は冷暗所が冷蔵庫で保存し、時々混ぜるなどして様子を見てあげてください。

 

【まとめ】

風邪をひいた時やのどが痛くなった時など、かりんのはちみつ漬けをお湯で割って飲むと良いです。一瓶作っておくといざというときにもすぐ飲めますし、材料がかりんとはちみつだけなので、お子さんでも安心して飲めます。ちょっと体調が悪いなという時は風邪薬の代わりに飲んでみてはどうでしょうか。

 

参考文献

日本文芸社“おいしいクスリ 食べもの栄養辞典”P133

ちょっとした工夫で心豊かな生活を“かりんの食べ方と効能は?はちみつ漬けの作り方と保存期間は?”(http://richlife100.com/1476.html アクセス日2016.9.24

 

↓↓↓蜂蜜製品を少しずつですが販売しています。↓↓↓

%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%a5%e3%82%a6

 

おいしい生姜はちみつの作り方とその楽しみ方

01ed8f2b9bd22f25f9b4ea14adcf3568_m

生姜とはちみつの相性がとても良いことを知っていますか?

生姜もはちみつ同様、強い抗菌&殺菌効果があり、抗酸化物質を含んでいるので身体にとても良い食品です。二つを組み合わせることでより強い効果が期待できます。

 

【生姜はちみつを作ろう】

生姜はちみつははちみつに生姜を漬け込んだもので、作り方はとても簡単!

密閉瓶などの保存瓶に生姜とはちみつをお好みの量で入れるだけ。半日から1日置くと生姜の成分や香りがはちみつに染み出て良いでしょう。

生姜はスライスを使用したり、すりおろしたものを使用したり用途に分けて作ると便利です。すりおろしたものの方が生姜自体も食べやすくなるので使いやすいかもしれませんね。

 

【生姜はちみつを使ったレシピ】

%e7%94%9f%e5%a7%9c%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%bf%e3%81%a4%e3%81%8a%e6%b9%af%e5%89%b2%e3%82%8a

<お湯で割る>

もっともシンプルな使い方です。

大さじ1に対してお湯200ccの割合でお湯で割りましょう。お好みでレモンをいれるのも良いです。

 

<紅茶に入れる>

紅茶にお好みで入れると簡単ハニージンジャーティーが完成です。

 

<生姜はちみつの牛肉しぐれ煮>

・材料

牛肉の切り落とし  50g

生姜はちみつと醤油 各大さじ1

酒         少々

・作り方

牛肉を炒めて、生姜はちみつと醤油、酒で味付けをして水気がなくなるまで弱火で煮ます。

日本人が大好きな甘辛いしぐれ煮ができちゃいます。

%e8%b1%9a%e8%82%89%e3%81%ae%e7%94%9f%e5%a7%9c%e7%84%bc%e3%81%8d

<豚肉の生姜焼き>

生姜焼きの場合はおろした生姜の生姜はちみつを使うと良いです。

 

・材料

合わせ調味料(生姜はちみつ・醤油・酒・みりん 各大さじ1)

豚バラ肉 2~3枚ほど

・作り方

豚肉を油で両面焼いたら合わせ調味料を入れる。全体にからまったら完成☆

 

あらかじめ漬け置く必要がないのでとても簡単ですね。

 

<その他の料理にも>

これ以外にも肉ジャガや筑前煮、魚の煮つけなどにも使えます。生姜はちみつが砂糖やみりんの甘味料と薬味の2つの役割を持つので、あとは醤油で味付けをするだけで済みます。和風のおかずを作るのにもってこいですよね。

 

【まとめ】

生姜には殺菌作用以外にも発汗作用を高める効果があったり食欲を増進させる効果が期待できたりと、とても万能な食材です。

同じく万能なはちみつと掛け合わせた生姜はちみつは、料理にもドリンクにも何でも使えるので一瓶作り置きしておくと重宝します。お湯で割ったり紅茶に入れたりというのもとても簡単にできるので、忙しい冬の朝に飲むと体が温まりますね。

 

 

 

参考文献等

主婦と生活社『蜂蜜力 体の中から外から元気になる!』P29

記事作成にあたり、こちらの書籍を参考にさせて頂きました。ありがとうございました。

↓↓↓はちみつ製品を少しずつ販売しています。↓↓↓

%e3%83%8f%e3%83%8b%e3%83%bc%e3%83%87%e3%83%a5%e3%82%a6