日本人の3人に1人が高血圧と言われる現代では、超高齢者化社会によって今後さらに高血圧患者が増えると予想されており、ストレス管理や生活習慣の改善、食生活の見直しなどが求められています。

 

高血圧になると何がいけないのかと疑問に思っている方も多いと思います。

 

高血圧とは、安静にした状態での血圧が常に正常値よりも高い状態のことを言います。

高血圧になってしまうと、常に血管へ負担をかけていることになるため、血管内部が傷付いたり、柔軟性が無くなって硬くなり動脈硬化などを引き起こす原因となります。

しかし、高血圧は自覚症状のない病気ですので、ほとんどの方が重症になるまで放置されているのが現状です。

続きを読む